キャッシング利用ガイドキャッシングの情報サイトです

学生時代、アルバイト代と仕送りだけでは遊興のために足りずに、キャッシングをしました。大学生となり彼女ができたため、デート費用が入用だったのです。まさか親にデートのためにお金が必要だから仕送り金額を増やして、とは言えませんしアルバイトを増やしていては遊ぶ時間が無くなってしまいます。色々と効率、メリットデメリットを考えた結果キャッシングで借り入れをしたのです。キャッシングをすると金利が掛かってしまいますが、様々なデメリットと引き換えの代償だと思うと安いものでした。お陰でデートはできましたし、楽しい思いも沢山できて結果的にオーライです。

これまでお金が無い時に、キャッシングをしようと思ったことが何度もありました。しかしその度にやっぱり止めるということを繰り返していたのです。お金を借りることに良いイメージを持っていなかったので、踏ん切りがつかなかったのが原因です。

それでも今回キャッシングをしたのは、限定品のアクセサリーを購入したかったからです。ボーナスまで待てばお金は入りますが、限定品なので売り切れてしまう可能性が高いです。それならばキャッシングでお金を借りて購入した方が、後々悔やむこともありません。今はキャッシングという選択は正しかったと思っています。

キャッシングって年収の3分の1以上は借りられないように何年か前に法律で決まったそうですが、今またこの法律を見直そうという動きがでているそうです。
なんでも事業者が事業を拡大したい時に、資金調達をするためにはすぐにお金を貸してくれるキャッシングが良いのだとか。
銀行はなかなか融資してくれませんからね。
今でも銀行だったり銀行系の消費者金融は年収の3分の1以上のお金を貸しても良いことになっているので、消費者金融だけにそういった制限があるのはおかしな話のような気もします。
ちなみにキャッシングって500万円くらいが限度額らしいので、それだけのお金を借りるという事は年収が1500万円以上あるっていう事ですよね。それもすごいな。

キャッシングの利点の一つに利用目的によらず、お金を貸してくれることです。

生活費の足しにしてもよいですし、何に使ってもよいのです。

このようなサービスをフリーキャッシングというそうです。

その分利率が高くなるので、自動車ローンなど、目的がはっきりしていて、対象のローンがある場合は、そちらを利用する方が利率が低くなるのでおすすめです。

 

仕事で怪我をしてどうしても働くことが出来なくなりました。そして怪我の完治に2ヶ月掛かると言われどうしようと考えました。貯金があったのですがこれはどうしても使う気になれず私が取った行動はキャッシングでした。本当は貯金で補ってする方が無駄な利息など払わずに済むのですが、それも踏まえてキャッシングを選んだんです。返済も少なめにしてようやく怪我が完治してやっと仕事が出来るようになってから大目の返済をして何とか払いきりましたが今後も何があるか分からない仕事ですので気をつけながらそしてキャッシングに助けられました。

キャッシングの中には、完全に無利息でお金を貸してくれるサービスがあります。
このサービスの特徴は、基本的に期間限定でお金を貸してくれることにあります。
例えば、一週間以内にお金を返済することができれば無利息とする、と言った具合に期間を限定することによってサービスを提供しているのです。
無利息キャッシングを利用するときには数日後にきちんと返済する当てはあって、かつ緊急にお金が必要なときが一番良いと言えます。
金利分のお金を返済しなくても良いのならば消費者にとっては何の不利益もありませんので、非常に便利なサービスだと言えます。

キャッシングの審査では、安定した収入があることは大事です。例えば大企業の正社員で年収の高い人は、条件がよいので審査には通りやすいといえるでしょう。ただ必ず審査に通るとは限りません。年収が高くて収入が安定していても、信用面で問題があると審査落ちするケースもあります。いくら年収が高くても、すでに3~4社以上の借入れがある場合は審査に通るのは難しいといえます。また過去に返済の延滞が3ヶ月以上ある場合も審査落ちする可能性が高くなります。年収の3分の1を超える借入れがある場合も、総量規制によってそれ以上の借入れはできません。このように審査では、収入の多さ意外にも信用面で問題があると落ちてしまう場合もあるので注意が必要です。

昔に比べて、キャッシングを見かける機会がかなり増えてきました。それだけキャッシングは生活において、重要性が増していることにもなります。キャッシングを利用することによって、お金が足りない時もすぐに補うことができるようになります。その後は地道に返済していかないといけないのですが、自分のペースでゆっくりと返済することができるので慌てる心配はありません。現在も多くの方がキャッシングを利用しており、困難な状況を打開しています。いざという時にとても心強い味方になってくれるので、いざという時に備えてキャッシングが利用できる環境を作っておいた方がいいです。